kazami blog

ガジェットとかマリンスポーツのことについての記事を特に書いています!まだまだ勉強が足りませんが少しずつ頑張っていきます!

セーリング競技、ヨット競技とは?セーリング、ヨット競技の紹介

セーリング、ヨット競技とは?セーリング、ヨット競技の紹介

 

f:id:kazamiburogu:20190712205127j:plain

 

 ヨットと言われたら、お金持ちの人が優雅にクルージングしている姿を思い描くかもしれません。ですが、ヨットというものはそれだけではないんです。車にカーレースいうものがあるように、ヨットにもヨットレースというものがあります。今回は、そんなヨット競技についてとセーリングとは何なのかについて解説したいと思います。

 

 

  1.  セーリングとヨットの違い
  2. ルールはどんなの?
  3. どんな種類があるの?
  4. 有名なヨットレース

 

 

セーリングとヨットの違い

 

f:id:kazamiburogu:20190713201312j:plain

  •  ヨットとは

 

一般的にヨットと言ったらヨットという船種そのもののことを指します。ただヨットといってもいくつもの種類があります。ざっくり分けると、

クルーザー

ディンギー

帆船

おもに、これら三つに分類されるのではないかと思います。

 

 

  • クルーザー

 

f:id:kazamiburogu:20190713203349j:plain

クルーザー

クルーザーは、動力で走るもののこともさしますがヨットの種類を区別するときにも使います。大体の人がヨットと言ったらイメージするであろう船がクルーザーです。

 

  • ディンギー

 

f:id:kazamiburogu:20190713203338j:plain

ディンギー

 ディンギーとは、3~5m程度の小型のヨットの総称で、主に競技に用いられています。また、種類はクラス分けで数百種類というものすごい数があります。

 

  • 帆船

 

f:id:kazamiburogu:20190713203348j:plain

帆船

帆船は、帆に風を受けて進む船のことで機関が生まれる前は世界の船の主流はこの帆船でした。帆船のことも一般の人からは、ヨットと言われることもあります。 

 

  • セーリングとは

 セーリングという言葉が主に意味することは二つあります。

 

  1. セール(帆)に受ける力を利用して水上を滑走すること。また、この意味を指す日本語として帆走という言葉もある。
  2. 競技としての名称。ヨット競技とも呼ばれる。

 

 主なセーリングの意味としてこれら二つがあげられます。また、セーリング競技の歴史は長く第一回の近代オリンピックから種目としても存在していました。

 

 上記のような違いがありヨットとは船の種類のことで、セーリングとは風を使って船を走らせることやスポーツの名称のことでありこれら二つの言葉の意味は根本的に違います。

 

ルールはどんなのなの?

 

 ヨットと言うものは、知ってる人も多いですが競技については日本ではなかなか聞いたことがある人はいないと思うので、少しだけ紹介したいと思います。

 

簡単にまとめると

 

①よーいドンでスタート

②コースを回る

③一番早く帰ってきた人の勝利

 

この三つで表せます。ヨットレースを見て楽しみたい!という方のために最低限押さえておきたいルールを紹介したいと思います。

 

1_スタートの仕方

大体のヨットレースでは、旗とホーンの合図でスタートします。ただ、海の上に線は引くことが出来ないので自分で判断しないといけません。もちろん、時間より早くスタートラインを出ると、ペナルティを受けます。

 

2_航路権

どの艇もほぼ同じコースを通るので、艇同士がぶつかりそうになることがあります。その時に、どちらかがよけなければいけませんその時相手をよけさせることができる権利が航路権です。主なものとしては、ポート(左舷)、スターボード(右舷)や上下よいうものがあります。

 ポート、スターボードとは、スターボード艇(乗っている人が右舷側にいるときのこと)がポート艇(乗っている人が左舷側にいるときのこと)をよけさせるうことができる。上下とは、風下の艇が風上の艇をよけさせることができる。

 

簡単にまとめるとこんな感じです。しかし、セーリングのルールをすべて話そうとすると物凄い量になるのでさらに詳しい解説はまた今度いくつかに分けて書きたいと思います。

 

どんな種類があるの?

 

ヨットの種類は無数にありますし、今後も増えていくでしょう、その中でもセーリング競技で使われている艇を中心に5つ紹介したいと思います。

 

1_レーザー

f:id:kazamiburogu:20190714175415j:plain

レーザー

現在最も乗られてるであろう競技用のシングルハンドのヨットです。レーザーの中でも4.7、ラジアル、スタンダートこれら三つがあります。これらの違いは、セールの面積で乗る人によって変わります。例えばオリンピックでも女子はラジアルで男子はスタンダートになっています。

 

2_470

f:id:kazamiburogu:20190714191020j:plain

470

ダブルハンドのディンギーとして420とともにポピュラーなヨット。日本人がオリンピックのセーリング競技の中でメダルを取ったことがある種目です。ですが、東京オリンピックの次のオリンピックからは残念ながら消えてしまうようです。

※画像は420

 

3_optimist

f:id:kazamiburogu:20190714190623j:plain

optimist

ヨット競技を始めるうえでの入門編、中学生以下を対象にされている。opという略称で世界中で乗られている。日本でも意外とクラブチームがあるので自分の子供にヨットを体験させたいという方はぜひ探してみてください!私も、このopの体験からヨットを始めた身でヨットの魅力を知るにはとってもいいですよ‼

 

4_カイトボード

f:id:kazamiburogu:20190714224117j:plain

カイトボード

ヨットと言っていいのかはわかりませんが、これもセーリングの種目の中の一つです。これの魅力は何といってもカッコイイ!カイトボードの動画とかを見てみると皆さんも絶対かっこいいと感じるはずです。また、オバマ前アメリカ大統領が挑戦していたことで一時期話題になっていました。

5_F50

 

前回のアメリカンズカップで使われたAC50の改良版です。sail gp という大会で使われていて特徴としてはめちゃくちゃ早いということです。なんと最高時速54knot(時速100㎞)風の力だけでこれだけのスピードが出るのには理由があってなんとこの船は浮いて走るんです。フォイリングと呼ばれます。画像は貼れていませんがデザインがカッコいいヨットなのでぜひ sail gp と検索してみてください‼

 

有名なヨットレース

たくさんあるヨットレースの中で有名で見ていて面白いものを、3つ紹介したいと思います。

 

①america's cup

 

f:id:kazamiburogu:20190714225955j:plain

アメリカンズカップ

 1851年から続く国際的なヨットレース、その歴史はとても長くなんと日本にペリーがやってくる前から行われてきたんです。このレースは毎年行われるのではなくオリンピックのように、4年に一度行われます。次は2021年にあるので気にかけてみてください。また、現在のアメリカンズカップでは艇が浮いて走るのでかなり迫力があって面白いですよ。

 

②Sail Gp

 

 


Introducing SailGP

 

今年の二月から始まったこのsail gpと言うレースの見どころは何といっても早い!先述したF50という艇が使われていています。ダゾーン、sail gpのアプリ、YouTubeなど様々なところでliveで放送しているので是非見てください。私は、ダゾーンに加入しているのであれば日本語解説があるダゾーンと、常時艇の速さが見れるsail gpのアプリを同時に見ることをおすすめします。

 

 ③ヴァンデ・グローブ(Vendée Globe)

 

f:id:kazamiburogu:20190715092911j:plain

地球儀

 1989年にフィリップ・ジャントンによって創設された。単独無寄港無補給世界一周ヨットレースというもので、世界一過酷なレースになっている。このレースも四年に一度行われ前回大会では白石康次郎さんがアジアから初出場しました。海の男たちのロマンや夢が詰まっていてとても見ごたえがあります。

 

最後に

 最後まで読んでいただきありがとうございました。今回は、ヨット、セーリングについて簡単にまとめてみました。この記事を読んでいただいた方が少しでもヨットに興味を持っていただければ幸いです。また、今後もこのような記事を書いていきますのでよければ読者登録をしてみてください。

 

 By kazami 7/15 海の日だよ